8,高速道路の長距離はやはり疲れる 
 昼間はさほど感じないのだが、夜間は疲れる!

自分はプロドライバーなので、そこの部分を考慮したとしても、、、
 軽自動車ということもあり、ノーマルタイヤの小径かつ幅狭タイヤは、路面の影響をもろに受ける。
もちろんホイールベースが短いことも更に影響を受ける。
背が高い車両ということもあり横風の影響も受けやすいが、今回は割愛。

高速道路を、オートクルーズの100kmで走行し続ける。
まあ、14代クラウンのオートクルーズと同等の機能に感じた。
優秀ではないだろうか?
速度を一定で走行している訳だから、路面の状態が車の挙動が影響をうけているのをより感じることができる。
昼間は、路面状況がはっきりわかるが、夜間はよくわからない。
その為、身構えることができず、路面の継ぎ目の振動で、ドラレコが誤動作(何か衝撃を感知)することが複数回あった。
これはびっくりするとともに、複数回続くと神経が疲れる、、、。

80kmぐらいに速度を落とすと、少しはましにはなるが、、、
周りの車が、ビュンビュン追い抜いていき怖い感じがする、、。

上記のブレーキのチューニングと合わせて、将来的にタイヤ&ホィールも検討しなければいけないかも?
と思ったりしている。
町中では、まったく不満はないのだが、、、、